本文へスキップ

大阪泉州地域で唯一のブランドポークをご提供いたします!

TEL. 072-468-0045

〒598-0024 大阪府泉佐野市上之郷636-2

事業内容

事業内容

 

写真左から うどん パスタ パン 食品乾燥機

 有限会社関紀産業では豚に与える飼料の9割以上を自家配合飼料で賄っています。
 泉州地域(大阪府南部地域)の食品工場や給食施設等と協力し、やむを得ず発生してしまった食品の残り物(食品残渣、残飯という)を加熱・加工したものを農場内の施設で配合し、独自の飼料を生産しています。
 最近ではこのように食品リサイクルによって生産された飼料のことを「エコフィード」と呼んでいます。

 エコフィード製造により飼料費の軽減に成功したことから、特に重要視しているのが肥育期(出荷前約2ヶ月の肉質を左右する期間)の飼料メニューです。

 通常の配合飼料では炭水化物源にトウモロコシを使用するのに対し、当農場ではパン、うどん、パスタなどの小麦を原料とするものを使用。なおかつ低タンパク質の飼料設計をして、意図的に成長スピードを遅くします。
 これにより通常では生後180日令で出荷されるところを、約40日長い約220日令とゆっくり飼養することにより、脂質のあっさりした豚肉を生産することに成功しました!



代表取締役社長メッセージ

CEO

代表取締役、川上幸男です。
1973年から養豚農場をこの地で始めました。

さて、そもそも大阪府内の養豚経営は、都市部から出てくる食品残渣・残飯を利用する経営が中心でした。しかし、残渣・残飯を“そのまま”給与すると、肉質は軟脂で締まりの悪いものが多く、お世辞にもおいしいといえる豚肉ではありませんでした。


 この問題を解決するため、1996年に府内の養豚仲間と共に肉質研究会(生産豚肉品質向上技術・消費拡大研究会)を組織。

この研究会の成果は絶大で、弊社の豚肉はもちろん、府内産豚の肉質は見違えるほど向上いたしました。

また犬鳴豚牧場では豚の繁殖・肥育はもちろんのこと、豚肉の小売販売まで手掛けており、文字通りの一貫経営をしております。
泉州地域にお立ち寄りの際は、是非ご購入いただき、その味をお確かめください!


会社沿革

1973年4月
川上畜産設立。種母豚10頭からのスタート
1990年8月
経営を法人化し、有限会社関紀産業と社名変更
1998年4月
自社生産豚肉の小売販売開始
2010年3月
「川上さん家の犬鳴豚」商標登録を取得
2010年11月
全国優良畜産経営管理技術発表会において優秀賞受賞
2013年4月
生産農家直売店舗「犬鳴豚本店」をオープン
現在に至る

有限会社関紀産業

〒598-0024
大阪府泉佐野市上之郷636-2

TEL 072-468-0045
FAX 072-468-0044